“ 病気と仲よくなりたい ”

とは、誰もおもわないだろう。

僕はよくストレス性胃腸炎だったり、痛みや熱がでたりと、よく体調不良になることがある。

そのときいつも決まって、

“(自分が就労しているデイサービスの)利用者さんはこれ以上の苦しみと毎日つきあっていて、表にはださないけど、本当にたいへんなんだろうなぁ”
と、脳裏によぎる。
かならずよぎる。

“ 病気と仲よくなりたいとは誰もおもわないだろう ”
と前述したが、

そうならざるをえない場面もある。

結論からいうと、

“ 病気への理解 ”

というのは、

“ 感謝のきもち ”

とおなじくらい、相手の心をみたすことのできるツールなのではないか。


ほとんどの病気には、それに罹患(病気になること)しやすい年齢、いわゆる “ 好発年齢 ” というものがある。
たとえば骨粗しょう症やパーキンソン病は50歳以上、アルツハイマー認知症は70歳以上、というもの(あくまで統計学的な話)。

なぜ “ 病 ” というものに好発年齢というものがあるのか、それは神のみぞ知るところだが、ほんとうにものすごく、雑に振りきれた話、子どものころに骨粗しょう症やパーキンソン病に罹患したことがある人は、大人になったら高齢者の心にもっと寄りそえれるのかもしれない。

しかしまるで逆説的に、この世はそうではないようにできている。
その病気に罹患しないと絶対に、その真髄はわからないのかもしれないのに。

これはおそらく「介護」の問題点の根幹だ。

高齢者に寄りそうプロセスには、自分なりにその人と「同化する」努力が必要不可欠となる。
たとえば脳卒中の人がいて、手足のしびれを訴えていたとする。
その最大限のイメージを自分の身体におとしこんで模倣して立ったり、歩いてみたりする、ということ。

そして同化をするなら、病への理解が必要だ。

しかし介護や福祉の現場において、お風呂、食事、排泄、買い物、などとつねに目まぐるしく稼働しているさまは、患者さんの “ 身体的なサポート” に比重がかたよるときがあり、 “ 精神的なサポート ” が分かっていても後手になるときがある。

ここが介護・福祉における、最大の問題点のひとつだとおもう。

これは決して、本当に決して誰もわるくない。

おそらくシステムがわるいのだ。

たとえばすべての資格取得時に、ペーパーテストや実技試験のみならず、病について学び、それを患者として模倣する “ ロールプレイテスト ” を導入するのは、ひとつの解決策としては良いのではないだろうか。

相手のもともとの性格や、生活歴を把握したうえで

“ 〇〇さんがいまこういう様子なのは、□□ という病気の、△△という症状がでてるからなのかな? ”

という、理解のもとの予測ができると、尋常じゃない心の余裕がうまれるのではないだろうか。

利用者さんも、そういうところを察知することになれば、安心して自身の介護や介助を相手にたくせるのではないか。

もちろんなにが正解なんて、わからない。

誰よりもいちばん未熟な僕が、いちばん頑張らないといけないが、

それが僕なりの “ 寄りそい ” の理想形だ。

病気とは、仲よくならざるをえないときがある。
しかしその経験、思案をずっともったまま患者の方々と接していくといつか、
まるで昔から気心しれた旧知の友人どうしのような、

フレンドシップ(友情)のような、

そういうものがたくさん生まれてくるのではないか。
それはきっと、最高の理想形だ。

ライター/竹口耕輔

竹口 耕輔

Text by...

長崎の理学療法士です。
「竹口亭 ホワイトボード」名義でホワイトボードをつかった落語の慰問活動をさせていただいています。
また、ユーチューバー「雑煮チャンネル」、演劇、コント、漫才、ドラムとカホンの演奏もします。

Other