23件の結果中1〜10件を表示中
エッセイ

僕が足を踏み入れた居酒屋は、とてもとても密だった。

— 8月1日、空いとる?— 18時半に仕事が終わるので、それから大丈夫です!そんなやり取りをしてからというもの、あっという間に過ぎ去ってしまった7月。新しい職に就き、レジに打たれながら仕事を覚え、時たま波のように押し寄せる会計をバンバンと済ませられるようになった頃からイベントを企画した。ゲストを呼んではひたすら話し、…

エッセイ

もし、一生の中で話せる言葉の数が決まっていたのなら。

東アジアにある、小さな島国の西の果て。GoogleEarthが長崎県に向かってぎゅう〜っと寄っていく画を言葉にすると、そんなところだろうか。更にそこから南側にある長崎市の、また更に南側から文章を書き始めて、約1年の月日が流れた。色々な出会いや繋がりに恵まれて、いまは個人で運営しているこのサイト以外でも筆を執らせていた…

エッセイ

人は、仕事じゃなくて居場所を探す生き物だから。

—私はコンテンツを持ってないから。先日インタビューをさせていただいたn-spaceの友さんと話をしていると、よくそんな話になる。すると、同じくn-spaceの立石さんが決まって「中村友がコンテンツだから!」と諭すのだけど、当の本人は腑に落ちていない様子。—ちょーのは文章も動画もあるから。これはその2人からよく言われる…

エッセイ

宝物をなくしたのは、利き腕のせい。

外出を控え始めて、どれくらいの時間が経っただろうか。朝の品川駅に始まる人通りチェックは、昼の浅草、夕方の渋谷とルートが出来上がっていて、バラエティ番組で息抜きをしようにも「※3月上旬に撮影されたものです」というテロップで現実に引き戻される。簡単な事って勘違いをしていたら判断誤って後ろを振り返るんだ何だっていつも近道を…

エッセイ

酸いを吐く私と、甘いを届ける妻の話。

昨年生まれたばかりの息子を妻ひとりに任せて4ヶ月。2月の下旬に航空券を予約してからというもの、来る初節句に向けて五月人形を買い、ちょっぴり豪華な料理をネットで漁って、野母崎の鯉のぼりをバックに家族写真を撮ろうと期待に胸を膨らませていた。本当であれば、来週にはルンルンで長崎への空の旅を満喫しているはずだったけれど、新型…

エッセイ

回想

現在、僕は「竹口亭 ホワイトボード」という芸名のもと、ホワイトボードをつかった落語「ホワイトボード落語」による慰問活動をさせていただいている。先日、ありがたいことに、職場であるデイサービス施設のレクリエーションの一環として、利用者さんに向けてホワイトボード落語を披露する機会をいただいた。披露したネタは、古典落語が原作…

エッセイ

料理と母

いまはもうまったく手をつけていない、「料理」をつくっていたころのお話。数年前にカレー、麻婆豆腐、麻婆春雨、太麺皿うどん、などをつくるのにハマっていて(どれも超お手軽やけど笑)、とある日 食べおわったあとに、ふと諫早に住んでいる母のことを思いだした。僕が小さなころから、竹口家ではおもに母が毎日料理をしてくれた。物心つい…

エッセイ

フレンドシップ

“ 病気と仲よくなりたい ” とは、誰もおもわないだろう。僕はよくストレス性胃腸炎だったり、痛みや熱がでたりと、よく体調不良になることがある。そのときいつも決まって、“(自分が就労しているデイサービスの)利用者さんはこれ以上の苦しみと毎日つきあっていて、表にはださないけど、本当にたいへんなんだろうなぁ” と、脳裏に…

エッセイ

竹口耕輔と申します!自己紹介と初エッセイ

はじめまして!このたび「遊ぶ門には福来る。」さんとありがたくご縁がありまして、今後こちらでライターをさせていただくことになりました、竹口 耕輔と申します。諌早市出身、長崎市在住の31歳(2019年現在)です。昔から、身の回りの物事を自分のフィルターをとおして文章におこすことが大好きでした。「文章をかくことを仕事にした…

エッセイ

【第14話(終)】Team History 2011-2019

こんな経験が出来たのは、ひとえに自分の発言に賛成し一緒にHYTを立ち上げてくれた平田・増田。Planetとして活動するきっかけを作ってくれた上野・敦志。活動休止後に再起を促してくれた健斗・宏嗣・和也。そして村崎・蓮・泰樹をはじめ、今までもこれからもチームに関わってくれたメンバーや周りの支えがあってこそだと、心から感謝している。