「手打ちそば 土師野尾」(諫早市)蕎麦とおにぎりに心打たれた日

グルメ

今回は、すこ~し前のお話です!

食わず嫌いでも何でもないのですが、「蕎麦」を食べる文化が全くない人間でした。これまで色んなところにご飯を食べに行きましたが、おそらく唯一攻めていないジャンルと言っても過言ではない「蕎麦」。いつ口にするのだろうと悶々とした日々を送っていました。

そして、時は2019年2月1日。

この日は仕事がお休みだったので、前日に同僚を誘ってお昼ごはんを食べに行くことに。勝手ながら、いつもお店探しの際にはお世話になっている猫町さんのホームページを見ていたところ、目に飛び込んできたのがこちらのお店でした。

「手打ちそば 土師野尾」

つちしのお?
どしのお?

ナビを設定するのに苦難していると

「はじのお」やね!

生まれも育ちも諫早の同僚が即答。
悔しかったので「珍しいよねぇ!」と語気を強めておきました。笑

長崎市から車を走らせること約1時間。

昨日紹介した「山の寺 邑居」ばりの細めの道を上ると、こちらのお店が見えてきます。古民家のような風情ある佇まい、しかしさりげなくスロープ付き。あたたかい心配りを感じます。

ガラガラと戸を開けて店内に足を踏み入れると、外観からイメージできる通りの和風の空間が広がっていました。色々悩みましたが、2人揃って「天ざる」(¥1,200)と「おかかおにぎり」(¥100)を注文。

偶然にもその日から絵手紙の展示をされていたので、蕎麦を待つ間ゆっくり拝見させていただきました。偶然にもこの絵手紙を描かれていた方は、過去に私の母校(小学校)の校長先生を勤められていた経験があるとのことで、とっても話が盛り上がりました。

そうこうしていると「天ざる」が運ばれてきました!

蕎麦も天ぷらもボリュームがすげぇのなんのって。
撮りながら「平面じゃ伝わらない!」と思ったので角度をつけてパシャリ。

蕎麦の頂をつまんでひとすすり。

美味しい…!

食べ応えのある蕎麦が食欲を掻き立てて、そりゃあもう箸が止まりません。そして次に口にした大葉の天ぷらも香りが良くて最高です。蕎麦、天ぷら、蕎麦、天ぷらと食べ進めていくと、あれほど盛られていた蕎麦も天ぷらもなくなっていました。

つゆに蕎麦湯を注いでほっこりと身体が温まったところで、満を持して〆の「おかかおにぎり」の登場です。(ちなみに蕎麦湯を知らなかった私。無知って恥ずかしい…!笑)

これは美味しいやろ!

運ばれてきたおにぎりを見て、落ち着いていたはずの食欲が腹の底から音を立てて這い上がってきました。あたたかいおにぎりをそっと包んでいる海苔がもう。たまりません…。

ひと口、またひと口と食べ進めていくと、ごはんに混ざったおかかの大きさに驚きます。魚まるごと一緒に炊いたごはんを、しゃもじで入念に混ぜ合わせて出来たおにぎり。作るところを見ていませんし店員さんにも作り方を聴いてはいませんが、まさしくそんな感じでした。

蕎麦も、天ぷらも、そしておにぎりも、すべてが絶品!

「天ざる」と「おかかおにぎり」

迷った末のチョイスが大正解の、最高の休日でした。

ぜひ足を運んでみて下さい!オススメです!!

ちょーのでした!

☆手打ちそば 土師野尾(はじのお)について

※お店のホームページはないようです。

「猫町飯店の休日」さんの紹介記事

電話番号 : 0957-22-5526
営業時間 : 11:30 – 14:00 ( 夜は完全予約制 )
店休日  : 不定休

アクセスはこちら

☆追記

今回の記事でところどころ転載させていただいた「猫町飯店の休日」さんについてですが、数年前に出会ったサイトで、長崎のお店を探す際に度々参考にさせていただいています。お店のアクセスはもちろん、店内の雰囲気などもご紹介されており、とても分かりやすく纏められています!

「あそふく」にてこのような記事を書き始めたきっかけの一つは、実は猫町さんのように見ている人にそっと寄り添えるような記事をかけたらいいなぁと思ったからです。

とはいえ、私は駆け出しのブロガーなので、猫町さんみたいな記事は書けません。今回は同じお店の紹介なので二番煎じになってしまいましたが、あくまで自分らしい表現で記事を書いて、それが誰かの目に留まるといいなあと思っています!

勝手ながらの宣伝で大変恐縮ではございますが

「週末何か美味しいものを食べたいなあ…。」

そう思った時には、ぜひご覧になってみて下さい!

猫町さんのホームページはこちら

猫町飯店の休日

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

グルメ
「平戸蔦屋」創業517年の老舗が誇る”幻の銘菓”とは…?

今回はタイトルを決めるまでにかなりの時間を要しました…。前面に出すべきは”歴史”か”銘菓の名前”か、はたまた”味”か。いつもは「読んでくれたどこかの誰かが、もう1つ買ってくれたら嬉しいなあ」くらいのテンションですが、今回は強くお勧めしたい!ぜひご一読いただけると幸いです。

グルメ
「LiFE」(時津町)雑貨も楽しめる隠れ家カフェの夏限定メニューを紹介!

私は知らないもの見たさで、行ったことのない色んなお店に足を運ぶことがほとんどなのですが、”そろそろまた行きたいな”と思えるお店があります。失礼を承知で言いますと、ガヤガヤと大勢で押しかけるような雰囲気のお店ではないと思うんです。まったりしたいな、外で落ち着いた時間を過ごしたいな…そんな方にぜひオススメしたいお店です!

グルメ
PASTA to PIZZA(長崎市)夢彩都でお手軽イタリアンを満喫!

こちら、1セット2人分のセットメニューで、
・サラダ(お好きな1品)
・パスタ(お好きな1品)
・ピッツァ(ホームページにはピザって書いてました)
・ドリンク(指定メニューから1人1杯)
・デザート(おまかせ2品盛り)
というかなりお得な内容になっています!(詳しくはこちら)