ちぎるな危険!美味いささみチーズフライを作れ!

エッセイ
1

こんにちは!ちょーのです!

今回は料理の話を書きたいと思います!
料理の話となると、「たべる!」に分類されそうなジャンルですが、自分は「あそぶ!」として扱います。
普段から料理をされている方や、プロの料理人の方から見ると、「何を言う」とご指摘を受けそうなところではありますが、普段料理をする習慣がない自分にとっては、チャレンジであり「あそび」です。
決して食べ物で「あそんでいる」わけではないので、どうか広い心でご理解いただけると幸いです!

さて、前置きが長くなりましたが、今回チャレンジした料理は…


ささみチーズフライです!


ちょーの史上初、揚げ物への挑戦が幕を開けました。

まず、今回使った材料がこちら

・鶏のささみ
・チーズ
・塩コショウ
・たまご
・小麦粉
・パン粉

だったかな…。(覚えてない)
もちろん分量も覚えてません。こんな料理解説の記事がこれまでこの世に存在していたのだろうか…。

よし、作ろう。

iPhoneでレシピサイトを表示したところ、まずささみのスジを取り除くようにとのこと。

スジを取り除く…?

おそらくこの白い線がスジなのだろう。しばらくまな板に置かれたささみとにらめっこをした後、YouTubeに頼ることに。

動画を再生してみるも、再生時間の長さにうんざりしてしまい、スジの両側に切れ目を入れるところまで見たところでiPhoneから目を離し、あろうことか手でちぎるという暴挙に出た。

いま考えるとそんな簡単にいかないので動画で解説されているのだろうが、そのときは自信に満ち溢れていた。

だって実家で飼ってた犬が食べるささみのスジはちぎってたんだもの。

犬が食べやすいようにささみはスジの有無に関わらずちぎるのだ。だとするとスジをちぎるなど至極当然のことである。

しかし、もちろん今回は人間が食べるのだから、わざわざ食べやすい大きさにちぎる必要もなければ、ささみにはチーズを挟む。むしろちぎらないことが重要だ。

途中で我に返り重大なミスに気づいたものの、時すでに遅し。スーッと取れるとイメージしていたスジは、周りの肉もろとも崩れかけていた。
その後、なんとか被害を最小限に抑え、スジを取り除くことに成功?

適当な大きさに切ったチーズを肉の間に挟み、いよいよ揚げる準備に取りかかる。

小麦粉、たまご、パン粉を準備し、揚げ物用の鍋を乗せたIHコンロのスイッチを入れる。

ところがここで事件は起きた。

丁寧に小麦粉をまぶすことに夢中になり顔を近づけていたのだが、興奮のあまり鼻息で小麦粉が飛散。ましてや賃貸物件の狭い台所。洗ったばかりの食器入れなんて目と鼻の先なのだ。飛散した小麦粉は見事に湿った食器の上に着陸し、まさに悲惨の地獄絵図。

慣れない料理だ、屈するな。ここで諦めては全てが水の泡だ。自らの不甲斐なさとやるせない気持ちを押し殺して、なんとか完成。

蓋を開けると、我ながら見た目はなかなかの出来!そして気になるお味も、自分のイメージとは逸脱していない満足の出来でした!美味しかったです!

今回は初めて料理の内容となりましたが、滅多にしない料理。ひょっとすると、次に料理をするときも記事になるかも…?笑


乞うご期待!

スポンサーリンク
1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

エッセイ
料理と母

いまはもうまったく手をつけていない、「料理」をつくっていたころのお話。数年前にカレー、麻婆豆腐、麻婆春雨、太麺皿うどん、などをつくるのにハマっていて(どれも超お手軽やけど笑)、とある日 食べおわったあとに、ふと諫早に住んでいる母のことを思いだした。僕が小さなころから、竹口家ではおもに母が毎日料理をしてくれた。物心つい…

エッセイ
フレンドシップ

“ 病気と仲よくなりたい ” とは、誰もおもわないだろう。僕はよくストレス性胃腸炎だったり、痛みや熱がでたりと、よく体調不良になることがある。そのときいつも決まって、“(自分が就労しているデイサービスの)利用者さんはこれ以上の苦しみと毎日つきあっていて、表にはださないけど、本当にたいへんなんだろうなぁ” と、脳裏に…

エッセイ
竹口耕輔と申します!自己紹介と初エッセイ

はじめまして!このたび「遊ぶ門には福来る。」さんとありがたくご縁がありまして、今後こちらでライターをさせていただくことになりました、竹口 耕輔と申します。諌早市出身、長崎市在住の31歳(2019年現在)です。昔から、身の回りの物事を自分のフィルターをとおして文章におこすことが大好きでした。「文章をかくことを仕事にした…