「ひるじげドン」の過去の主題歌とは…?

あそふくの勧め

みなさんは、好きな音楽をどのようにして見つけますか?

昨今は、YouTubeで新しいMVが気軽に見られる時代。
更には、SpotifyやAmazon Musicなどのサービスが充実しているので、色んな音楽情報を色んな方法で集めることができますよね。

しかし、老若男女問わず音楽の情報を仕入れたいと思うのはこの瞬間だと思います。

「この番組の主題歌いい!」

強く記憶に残っているのが中学生の頃。NIBの「やるバイ!元気宣言」で流れていた当時のテーマソングを調べるところから、私の情報収集は始まりました。(ちなみに当時のテーマソングは、Hi-Fi CAMPのキズナでした)

サビまでバッチリ使ってくれる番組もあれば、イントロだけ使っている番組もあります。もちろん、イントロだけがダメだと言っているわけではありません。しかし、曲を探したいとき、大きなヒントになるのは「歌詞」。このヒントを一切くれない番組がありました…。

(出典:長崎国際テレビ公式サイト)

「ひるじげドン」んんんんん!!

当時の私の耳を掻き立てるのはNIBだったのでしょうか。
いいえ、たまたまです。

「ヨッデイ!!」という掛け声から軽快なイントロが流れるその楽曲。

何が難しいって、「ひるじげドン エンディングテーマ」以外に検索ワードの入力しようがないんです。更にこのワードでは出てこない。もちろん、「ヨッデイ!!」で調べても出てくるわけがありません。果たして「ヨッデイ!!」で正解なのかも分からない。どこを見渡しても砂、砂、砂の大砂漠。からからに乾ききった喉を潤してくれるオアシスはどこにもないのか…。諦めかけていたその時でした。

「ヨッデイ!!」

テレッ!テレッテッテッテレ!テーレレンテレレン!

なんとちょーの家の車で突如この楽曲が流れ始めたのです!

長崎のみなさんは、聞き覚えがないだろうか…。

米倉利紀 with BIG HORNS BEEの「Yes, I do.」

母が好きな米倉利紀さんのアルバムの中に、この楽曲はありました。まさに灯台下暗し。そして血は争えないことをひしひしと感じました。

そして何より驚いたのが、イントロだけ聴いてイメージしていた楽曲と正反対だったこと。米倉さんの歌声は、それはもう甘かった。

それからと言うもの、米倉さんの音楽にどっぷりと浸かったことを鮮明に覚えています。それまでの私(中坊)の中になかったR&Bというジャンルを教えてくれた米倉さんのアルバム、今でもよく聴いています。

長崎に長くお住まいのみなさんは、一度は聴いたことのあるイントロに、「ヨッデイ!!」に、耳を澄ませてみて下さいね!

ちょーのでした!


※タイトル画像について
出典: 長崎国際テレビ公式サイト

☆米倉利紀さんについて

公式サイト

【経歴】※出典:Wikipedia
1992年4月25日、「未完のアンドロイド」でデビュー。同時期に単身渡米し、アメリカのニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルスなどの主要都市と日本を往復する生活を送っている。
ブラックミュージックの影響を強く受けており、アメリカ人プロデューサーや海外のミュージシャンを起用し現地でのレコーディングをすることで、R&Bやファンク、ソウル音楽を軸としたブラックミュージック色が強まっているが、95年以前の初期の楽曲は、ロックやポップス、AOR、ジャズに傾いた楽曲が中心だった。2008年からは俳優として舞台やミュージカルにも多数出演しており、2013年にはフジテレビ系列のドラマ「ガリレオ」にもゲスト出演。

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あそふくの勧め
長崎人たるもの、ちゃんぽんのひとつやふたつ…!

まずは青果コーナー。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、もやしをかごに入れていきます。スタートダッシュに成功した私は、お肉コーナーで豚肉を手に入れ、サクサクとちゃんぽん麺、スープ、かまぼこを確保。残すところはシーフードミックス。買い物前に妻から仕入れた情報によると、シーフードミックスは冷凍コーナーにあるらしい。

あそふくの勧め
「キツツキと雨」役所広司が醸し出す人の魅力。

読んでくれている人によっては祖父母の仲の悪さに苦労している孫の愚痴に聞こえるだろうが、そうではない。祖母はグチグチ言いながらも家族のために働いてくれている祖父に感謝しているし、祖父だって口下手なだけで足の悪い祖母を大切に思っている。
お互いに不器用なのだ。
そして、この人間くさいやり取りが何とも面白い。

あそふくの勧め
「あいみょん」ほんのり突き刺さる歌詞の魅力。

自らを取り巻く環境を心から幸せに思えない。だけど、それを覆すようなアクションも起こせない。そういう中途半端な自分にモヤモヤするというこの気持ちは、昨今の日本人の多くが一度は抱えたことのある気持ちなのではないのでしょうか。もちろん、そうでない人もいると思うし、そういうメンタリティを持ち合わせている人を否定はしません。