「相席食堂」くだらない休日に笑いの渦を巻き起こす!

あそふくの勧め

早くこの記事の更新ボタンを押すときになれ!

決して記事を更新したくてたまらないわけではありません。そう言うと語弊がありますが、正確には早く家に帰りたいという意味です。切実です。

さて、私は現在、長崎県は松浦市に出張に来ております。この記事を書いているのは日曜日。帰任は明日の夜ですが、今日は出張中の束の間の休息というところで仕事はお休み。宿泊先のビジネスホテルでiPhoneとにらめっこしています。仕事内容は特に気に病むようなことはないのですが、とにかく家で寝たいという気持ちが如実に表れた結果が、冒頭のひとことです。
もっと言えば、出張前夜のお風呂でも「次この浴槽に浸かる時間が来い」更に出張当日の朝家を出る際にも「次にこの鍵を使うタイミングになれ」。極めつけは、当日ワイシャツに袖を通しながら「あぁ~帰りてぇ~」。まだ家も出ていないにも関わらずこのありさま。みなさんも似たような経験ってありませんか?私だけですかね?

今日は朝食を済ませた後、ホテルから徒歩10分程度のところにある道の駅まで足を伸ばしてみました。同じ長崎県内ということもあり、置いているお土産は見たことのあるものばかり。魚を買って帰りたかったのですが、明日の夜には帰るのに同じ県内に発送するのも気が引ける。結局何も買わずにそそくさと退散。ホテル近辺のスーパーで買ったお茶をリュックに入れ、ほっともっとののり弁片手にホテルに戻りました。

平戸や伊万里へ赴くことも考えましたが、あまりお金を使いたくもなかったのでお昼からはホテルで時間を潰すことに。

こういう時のためのプライムビデオだ!

そう思い立ち、まずは大好きな星野源さん主演の「箱入り息子の恋」を鑑賞。とってもいい映画でした。こちらの感想についても近日中に記事にする予定なので、ぜひ読んでくださいね。

のり弁にがっついた後、映画の次は笑える動画を見たいと思ってチョイスしたのがこちら。

(出典:Amazon公式サイト)

「相席食堂」(朝日放送テレビ)

ある日突然、有名人が日本全国の食堂に現れ、地元の人にいきなり相席をお願いするという行き当たりばったりの旅を、“ロケマスター芸人”として名を轟かせた千鳥がスタジオでツッコミながら見守る“芸能人と地元民のガチ交流バラエティー”。千鳥はVTR中に気になるところがあれば、3人の目の前にある“待てぃボタン”を押してVTRを止め、自由にツッコんでいく。 (出典:Amazon公式サイト)

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、とにかく笑えます。ふふっと吹き出してしまったり、爆笑していたり、とにかく笑いの種類が多種多様で飽きません。登場するゲストや相席相手のキャラクターはもちろん、やはり千鳥の2人のツッコミがたまりません。

個人的にオススメしたい回は、昨年7月に放送された「千鳥の故郷が丸裸SP」。強烈な笑いが押し寄せてくるこの回は、これまで見たどの回よりも面白かったのですが、番組のシステムを理解して、見慣れている状態で見ることをオススメします!

アウトドアな私なので、インドアな休日がたまらなくもどかしかったのですが、相席食堂をはじめ、たくさんのバラエティ番組や映画、ドラマ、アニメなどを楽しめるプライムビデオ。好きな俳優が出ている映画も、気になる女優が出ているあのドラマも、プライムビデオで見つかることが多々あります!

無料体験の期間も設けられていますので、興味のある方は無料体験から登録してみてはいかがでしょうか?

相席食堂の紹介をするつもりが、すっかりプライム会員の誘導になってしまいました。オススメはしますが、もちろん登録はみなさんのお考え次第です。ゴリ押しに感じてしまった方がいたら申し訳ありません。笑

明日からは温めていた動画の編集に移りたいと思います。出張がひとまず終わりましたので、ちまちまとマイペースに更新していけたらと思っていますので、引き続き「あそふく」をよろしくお願いいたします!

ちょーのでした。

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あそふくの勧め
長崎人たるもの、ちゃんぽんのひとつやふたつ…!

まずは青果コーナー。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、もやしをかごに入れていきます。スタートダッシュに成功した私は、お肉コーナーで豚肉を手に入れ、サクサクとちゃんぽん麺、スープ、かまぼこを確保。残すところはシーフードミックス。買い物前に妻から仕入れた情報によると、シーフードミックスは冷凍コーナーにあるらしい。

あそふくの勧め
「キツツキと雨」役所広司が醸し出す人の魅力。

読んでくれている人によっては祖父母の仲の悪さに苦労している孫の愚痴に聞こえるだろうが、そうではない。祖母はグチグチ言いながらも家族のために働いてくれている祖父に感謝しているし、祖父だって口下手なだけで足の悪い祖母を大切に思っている。
お互いに不器用なのだ。
そして、この人間くさいやり取りが何とも面白い。

あそふくの勧め
「あいみょん」ほんのり突き刺さる歌詞の魅力。

自らを取り巻く環境を心から幸せに思えない。だけど、それを覆すようなアクションも起こせない。そういう中途半端な自分にモヤモヤするというこの気持ちは、昨今の日本人の多くが一度は抱えたことのある気持ちなのではないのでしょうか。もちろん、そうでない人もいると思うし、そういうメンタリティを持ち合わせている人を否定はしません。