「Awesome City Club」の音に乗れずにはいられない!

あそふくの勧め

こんにちは!ちょーのです!

昨日の記事で「たべる!」のジャンルで既に7つ目の記事となりました。Team History全14話を含め1ヶ月弱。つまりほとんどを「たべる!」で占めています。YouTubeの方も4本中3本がグルメ企画。もはや、遊ぶ門ではなく食べる門に福を求めている状態。ううむ。考える度に非常に悩ましいのだが、全て美味しいからいいんだという結論に至る。

さて、今回は久しぶりに音楽の紹介をさせていただきます。
ぜひオススメしたいのがこちら!

(出典:Awesome City Club OFFICIAL WEB SITE)

Awesome City Club

atagi(Vocal/Guitar)、PORIN(Vocal/Synthesizer)、モリシー (Guitar/Synthesizer)、マツザカタクミ (Bass/Synthesizer/Rap)、ユキエ (Drums)から成る、メンバーの多種多様な音楽的ルーツをMIXした男女ツインボーカルの5人組。(公式サイトより一部抜粋)

自分がACCと出会ったのは2016年12月。当時、LILI LIMITというバンドに熱中していた頃に、長崎のDRUM Be-7でのライブがあり、その際に対バンしていたバンドのひとつがACCでした。正直、ACCのことはそれまで知らなかったのですが、このライブで一目惚れ。ライブ後、その足で自宅近くのTSUTAYAに駆け込み、CDを漁った記憶があります。

以前から音楽の記事を書く際に読者の方に口酸っぱく言っておりますが、楽器の何がいいとか、そういうことは一切分かりません。そのため、紹介する度に読者の方へ魅力が伝わっているかは甚だ疑問ですが、動画の紹介を織り交ぜることで工夫致しますので、何卒ご理解ください…。

まずはこちら!

Don’t Thinl, Feel

GAPとのコラボとなったこのミュージックビデオですが、「オシャレでカッコいい!」と思いました。完全にミーハーな感想で恐縮なんですが、ACCの曲を聴いていると思わず頭を揺らしている自分がいます。思わず身体が動いてしまうような楽曲がたくさんあります。ライブの際にも、一緒に踊ろうとatagiさんやPORINさんが促してくれるので、ノリノリでライブを楽しめます!

そんなACCですが、昨年12月に1st Full Album「Catch The One」をリリース!このアルバムのトレイラーがこちらになります。

この中で、完全な独断と偏見で選ぶオススメの2曲を紹介します。

まず1曲目は、「君はグランデ」
混ざりあうatagiさんとPORINさんの歌声が特に印象的だったこの曲。サビの最後の「幸せを無駄遣いしよう」というリリックがとっても素敵だなあと思ってチョイスさせていただきました!

そして2曲目が、「燃える星」
後悔と切なさが連鎖する想いを表現したメロディが、イントロからじわりじわりと染みてくるこの曲。atagiさんの歌声から始まりますが、徐々にPORINさんの歌声と重なります。素直な想いをぶつけられなかった自分の心持ちは後悔そのもの。失って気付いても遅いんだということを再確認させてくれる曲です。

楽器に詳しくないので、モリシーさん、タクミさん、ユキエさんの魅力を伝えるのが下手くそで申し訳ないのですが、ライブでのカッコよさはたまりません!モリシーさんはACCのボーカルではないものの、Instagramで「バンジョー妖怪のヒトカラ」と称し、甘い歌声の動画をアップしてくれますし、「愛ゆえに深度深い」のタクミさんのラップを生で聴いたときはしびれました。ユキエさんは料理も上手で、先日シブヤノオトでハンバーグも作っていました。他にもまだまだ魅力がたくさんあります!

これまで紹介したアーティストも同様ですが、紹介できたのはほんの一部。「1回紹介したからもうしない。」という形に囚われず自由に記事を書いていきたいので、しばらくしたら再度取り上げて紹介していきたいと思います。

ぜひ、手に取って聴いてみてくださいね!

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あそふくの勧め
長崎人たるもの、ちゃんぽんのひとつやふたつ…!

まずは青果コーナー。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、もやしをかごに入れていきます。スタートダッシュに成功した私は、お肉コーナーで豚肉を手に入れ、サクサクとちゃんぽん麺、スープ、かまぼこを確保。残すところはシーフードミックス。買い物前に妻から仕入れた情報によると、シーフードミックスは冷凍コーナーにあるらしい。

あそふくの勧め
「キツツキと雨」役所広司が醸し出す人の魅力。

読んでくれている人によっては祖父母の仲の悪さに苦労している孫の愚痴に聞こえるだろうが、そうではない。祖母はグチグチ言いながらも家族のために働いてくれている祖父に感謝しているし、祖父だって口下手なだけで足の悪い祖母を大切に思っている。
お互いに不器用なのだ。
そして、この人間くさいやり取りが何とも面白い。

あそふくの勧め
「あいみょん」ほんのり突き刺さる歌詞の魅力。

自らを取り巻く環境を心から幸せに思えない。だけど、それを覆すようなアクションも起こせない。そういう中途半端な自分にモヤモヤするというこの気持ちは、昨今の日本人の多くが一度は抱えたことのある気持ちなのではないのでしょうか。もちろん、そうでない人もいると思うし、そういうメンタリティを持ち合わせている人を否定はしません。