「くせのうた」(星野源)の歌詞に込められた思いとは…

あそふくの勧め

こんにちは!ちょーのです!

今回の更新で10記事到達しました。アクセス数はまだまだ伸び悩んでおりますが、少しずつ誰かの目に留まるような記事を書けたらいいなあと思います。

今回紹介するのはこちら。

数日前に書籍「いのちの車窓から」を紹介させていただいた、星野源さんの楽曲

「くせのうた」

の歌詞について、勝手気ままに紹介させていただきたいと思います。
「いのちの車窓から」についての記事はこちら

この楽曲に出会ったのはおよそ8年前。当時発売された「くだらないの中に」の魅力に惹き込まれて源さんの楽曲を聴き漁っていたときに見つけた、アルバム「ばかのうた」にこの曲が収録されていました。

当時は高校生だったのですが、このゆったりとした楽曲に描かれた感情に大きく揺さぶられたことを覚えています。


君の癖を知りたいが ひかれそうで悩むのだ


君というのは、思いを寄せている相手のことを指しているのではないかと思います。自らが思いを寄せている相手のことを「知りたい」と思うけれども、その気持ちを「知られる」ことに怯えているような一面が見え隠れしています。更に歌詞を読み進めていくと、このような結論にたどり着きます。


知りたいと思うには 全部違うと知ることだ


「君」を深く知ることで、「僕」やほかの人とは違うその人の一面を知ることになる。実は「君」を知ることは、良いことばかりではないのかもしれない。「君」を「知りたい」と思うには、「僕」とはまた違う「全部」を抱えている「君」の、どんな一面も受け入れられるようにならないといけない。更に続く歌詞がこちらになります。


寂しいと叫ぶには 僕はあまりにくだらない


このときの「僕」はおそらく、「君」を少しでも知ったのではないでしょうか。「僕」が抱える寂しさと違う何かを抱える「君」を知ったとき、「君」が抱える何かに比べたら、「僕」が抱えていた寂しさなんてくだらない。この楽曲の歌詞を聴き進めていたとき、ここで楽曲の中でひとつのストーリーが描かれているのではないかと思いました。

「僕」は「君」を知りたがり、互いの全てが違うことを知った。「君」を知っていく中で、それぞれが生きた日々や刻まれた記憶の中にある、それぞれが抱えている何かの違いも知った。「君」の抱えている何かを知ったとき、「僕」のくだらなさを痛感した。だけどこのストーリーは、次の言葉で締めくくられているのです。


君の癖はなんですか?


引かれそうで悩んだ「僕」と、答える「君」は「全部違う」んだ。

とっても素敵な歌詞です。
歌詞は、楽曲を届ける人の思いと、受け取る側の思いで、全く違う世界が広がってくるものだと思います。今回自分が読み解いた歌詞は、また別の人が読み解くと違う意味になります。もっと言うと、どちらの受け取り方も、楽曲を届けた本人の意図するものと違うのかもしれません。

源さんがどのような思いで歌声を届けているのか、自分以外のファンがどのような思いで歌詞を受け取っているのか。

その答えもきっと「全部違う」んだと思います。

スポンサーリンク
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あそふくの勧め
長崎人たるもの、ちゃんぽんのひとつやふたつ…!

まずは青果コーナー。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、もやしをかごに入れていきます。スタートダッシュに成功した私は、お肉コーナーで豚肉を手に入れ、サクサクとちゃんぽん麺、スープ、かまぼこを確保。残すところはシーフードミックス。買い物前に妻から仕入れた情報によると、シーフードミックスは冷凍コーナーにあるらしい。

あそふくの勧め
「キツツキと雨」役所広司が醸し出す人の魅力。

読んでくれている人によっては祖父母の仲の悪さに苦労している孫の愚痴に聞こえるだろうが、そうではない。祖母はグチグチ言いながらも家族のために働いてくれている祖父に感謝しているし、祖父だって口下手なだけで足の悪い祖母を大切に思っている。
お互いに不器用なのだ。
そして、この人間くさいやり取りが何とも面白い。

あそふくの勧め
「あいみょん」ほんのり突き刺さる歌詞の魅力。

自らを取り巻く環境を心から幸せに思えない。だけど、それを覆すようなアクションも起こせない。そういう中途半端な自分にモヤモヤするというこの気持ちは、昨今の日本人の多くが一度は抱えたことのある気持ちなのではないのでしょうか。もちろん、そうでない人もいると思うし、そういうメンタリティを持ち合わせている人を否定はしません。