「いのちの車窓から」星野源のことばの魔力に惹きこまれた

あそふくの勧め
2

こんにちは!ちょーのです!

明日の長崎は雨の予報ということで、夜のうちに浴室乾燥機で洗濯物を乾かしてしまおうと、数分前からせっせと洗濯機を働かせております…。

今回の内容ですが、ボクには愛してやまない音楽があります。

「星野源」

普段は敬意を込めて「源さん」と(勝手に)呼ばせていただいているので、いつも通りの呼び方で紹介させていただきます。

ただ、先ほど「愛してやまない音楽」と表現しましたが、今回紹介するのは源さんが2014年より雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されていた「いのちの車窓から」に、新たに書き下ろしを加えて発売されたこちらの本の紹介です。

「いのちの車窓から」

音楽家以外にも、俳優や文筆家としても活動されている源さんの魅力がたくさん詰まった一冊となっています。

今や雑誌で連載を担当されたり、この本以外にも「そして生活はつづく」「働く男」「蘇る変態」など、たくさんの本を出版されている文筆家の一人ですが、なんと文章を書く仕事を始めた大きな理由は「メールを作るのがものすごく下手だったから」。

読み進めれば進めるほど、なんて素直で正直なエッセイなんだと感じてしまう。そして、誰しもの日常に潜んでいる「面白さ」や「幸せ」が詰め込まれていて、気付いたら本に向かってにやりとしている自分がいます。

文章が苦手だった人がここまでの文章を書けるまでになることに驚きを抱いたのと同時に、自分も「何か」を1からスタートして、たくさんの人の目に留まるようなことが出来たら、きっと楽しいだろうなと心から思いました。

今回YouTuberを始めるにあたって、サイトを立ち上げるにあたって、この本が自分を後押ししてくれた要因のひとつになっていることは紛れもない事実です。

人生は旅だというが、確かにそんな気もする。自分の体を機関車に喩えるなら、この車窓は存外面白い。(本文より)

自分の車窓から見える景色も、存外面白いのかもしれない。そう感じさせてくれる素敵な一冊でした。


「いのちの車窓から」特設サイト
https://promo.kadokawa.co.jp/hoshinogen/inochinoshasokara/

スポンサーリンク
2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あそふくの勧め
長崎人たるもの、ちゃんぽんのひとつやふたつ…!

まずは青果コーナー。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、もやしをかごに入れていきます。スタートダッシュに成功した私は、お肉コーナーで豚肉を手に入れ、サクサクとちゃんぽん麺、スープ、かまぼこを確保。残すところはシーフードミックス。買い物前に妻から仕入れた情報によると、シーフードミックスは冷凍コーナーにあるらしい。

あそふくの勧め
「キツツキと雨」役所広司が醸し出す人の魅力。

読んでくれている人によっては祖父母の仲の悪さに苦労している孫の愚痴に聞こえるだろうが、そうではない。祖母はグチグチ言いながらも家族のために働いてくれている祖父に感謝しているし、祖父だって口下手なだけで足の悪い祖母を大切に思っている。
お互いに不器用なのだ。
そして、この人間くさいやり取りが何とも面白い。

あそふくの勧め
「あいみょん」ほんのり突き刺さる歌詞の魅力。

自らを取り巻く環境を心から幸せに思えない。だけど、それを覆すようなアクションも起こせない。そういう中途半端な自分にモヤモヤするというこの気持ちは、昨今の日本人の多くが一度は抱えたことのある気持ちなのではないのでしょうか。もちろん、そうでない人もいると思うし、そういうメンタリティを持ち合わせている人を否定はしません。