あそふくの勧め

長崎人たるもの、ちゃんぽんのひとつやふたつ…!

まずは青果コーナー。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、もやしをかごに入れていきます。スタートダッシュに成功した私は、お肉コーナーで豚肉を手に入れ、サクサクとちゃんぽん麺、スープ、かまぼこを確保。残すところはシーフードミックス。買い物前に妻から仕入れた情報によると、シーフードミックスは冷凍コーナーにあるらしい。

生活

エアコンのフィルター掃除は、あっちぃ夏が来る前に…

梅雨入り前のニュースではダムの貯水率が心配されていましたが、その心配もどこへやら。梅雨に入ってからというもの、台風や大雨を心配するニュースがずらりずらり。こんな調子じゃ、気づいたら梅雨が明けて夏に入ってるんじゃね…?
不意にそんな危機感を抱いた私の目に入ったのがこちら。

あそふくの勧め

「キツツキと雨」役所広司が醸し出す人の魅力。

読んでくれている人によっては祖父母の仲の悪さに苦労している孫の愚痴に聞こえるだろうが、そうではない。祖母はグチグチ言いながらも家族のために働いてくれている祖父に感謝しているし、祖父だって口下手なだけで足の悪い祖母を大切に思っている。
お互いに不器用なのだ。
そして、この人間くさいやり取りが何とも面白い。

あそふくの勧め

「あいみょん」ほんのり突き刺さる歌詞の魅力。

自らを取り巻く環境を心から幸せに思えない。だけど、それを覆すようなアクションも起こせない。そういう中途半端な自分にモヤモヤするというこの気持ちは、昨今の日本人の多くが一度は抱えたことのある気持ちなのではないのでしょうか。もちろん、そうでない人もいると思うし、そういうメンタリティを持ち合わせている人を否定はしません。

あそふくの勧め

「ひるじげドン」の過去の主題歌とは…?

「ひるじげドン エンディングテーマ」以外に検索ワードの入力しようがないんです。更にこのワードでは出てこない。もちろん、「ヨッデイ!!」で調べても出てくるわけがありません。果たして「ヨッデイ!!」で正解なのかも分からない。どこを見渡しても砂、砂、砂の大砂漠。乾ききった喉を潤してくれるオアシスはどこにもないのか…。

あそふくの勧め

「相席食堂」くだらない休日に笑いの渦を巻き起こす!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、とにかく笑えます。ふふっと吹き出してしまったり、爆笑していたり、とにかく笑いの種類が多種多様で飽きません。登場するゲストや相席相手のキャラクターはもちろん、やはり千鳥の2人のツッコミがたまりません。

あそふくの勧め

「イエスマン “YES”は人生のパスワード」に心打たれた日。

離婚をきっかけに何をやるにも気力を失っていたカールは、上司のの誘いにもNO。あらゆる融資もNO。何事に対しても小さな嘘を重ねては断っていた。そんな中、友人から勧誘されたセミナーに足を運び、「何事にもイエスと答える」という誓いを守ることで、昇進し、若い女性とキスをし、更には建物の窓から自殺を試みた男性を救うことにもなる

あそふくの勧め

「Awesome City Club」の音に乗れずにはいられない!

atagi(Vocal/Guitar)、PORIN(Vocal/Synthesizer)、モリシー (Guitar/Synthesizer)、マツザカタクミ (Bass/Synthesizer/Rap)、ユキエ (Drums)から成る、メンバーの多種多様な音楽的ルーツをMIXした男女ツインボーカルの5人組。

あそふくの勧め

「addworks」古藤翔太が生み出す爽快感を聴き逃すな!

路上ライブが終わって長崎へ帰る車内で、ずっとこのCDを流していました。収録されていた3曲に対して、長崎まではおよそ2時間。単純にそれぞれ10回ずつ聴いた計算になります。特に「Material」をヘビロテしてました。それほどまでにaddworksのカッコよさに惚れてしまいました。

あそふくの勧め
1

ちぎるな危険!美味いささみチーズフライを作れ!

おそらくこの白い線がスジなのだろう。しばらくまな板に置かれたささみとにらめっこをした後、YouTubeに頼ることに。
動画を再生してみるも、再生時間の長さにうんざりしてしまい、スジの両側に切れ目を入れるところまで見たところでiPhoneから目を離し、あろうことか手でちぎるという暴挙に出た。