あそふくの勧め

長崎人たるもの、ちゃんぽんのひとつやふたつ…!

まずは青果コーナー。玉ねぎ、にんじん、キャベツ、もやしをかごに入れていきます。スタートダッシュに成功した私は、お肉コーナーで豚肉を手に入れ、サクサクとちゃんぽん麺、スープ、かまぼこを確保。残すところはシーフードミックス。買い物前に妻から仕入れた情報によると、シーフードミックスは冷凍コーナーにあるらしい。

KALDI

「もへじ」のあんみつ、うだる暑さにオススメのスイーツ

先日、家族で清香園に行った際にデザートであんみつを食べてからというもの、私の中の「甘いもの欲」が掻き立てられて仕方ありませんでした。チョコパイを食べても足りず、みたらし団子を食べても足りず。気づけば、すっかりあんみつに心…いや、胃袋を鷲掴みにされてしまったのです。
しかし、あんみつを家で食べるには…。

生活

エアコンのフィルター掃除は、あっちぃ夏が来る前に…

梅雨入り前のニュースではダムの貯水率が心配されていましたが、その心配もどこへやら。梅雨に入ってからというもの、台風や大雨を心配するニュースがずらりずらり。こんな調子じゃ、気づいたら梅雨が明けて夏に入ってるんじゃね…?
不意にそんな危機感を抱いた私の目に入ったのがこちら。

グルメ

「チャイルドボックス」(長崎市)心和らぐボリューム満点トルコライス

先日「秘密のケンミンショー」で長崎のトルコライスが紹介された後の最初の週末ということもあり、この日はトルコライスを求めて来られたお客様で大盛況だったそうで、残念ながらトルコライスを逃してしまったお客様もいたとか。事前に連絡していなかったら、ナポリタン紹介になるところでした。笑

グルメ

「森の魔女カフェ」(長崎市)アンティーク空間でのんびりいただくボロネーゼ

まず出迎えてくれたのが、フクロウを象った入口。
いかにも森の魔女が住んでいそうな入口をくぐってドアを開けると、すぐに店員さんがやって来て「ご予約の方ですか?」と聴かれました。
予約をしていなかったのでその旨を伝えると店員さんは一旦奥に消えて、戻ってくると申し訳なさそうに「13時まででしたら…」と案内してくださいました。

グルメ

「手打ちそば 土師野尾」(諫早市)蕎麦とおにぎりに心打たれた日

蕎麦の頂をつまんでひとすすり。
美味しい…!
食べ応えのある蕎麦が食欲を掻き立てて、そりゃあもう箸が止まりません。そして次に口にした大葉の天ぷらも香りが良くて最高です。蕎麦、天ぷら、蕎麦、天ぷらと食べ進めていくと、あれほど盛られていた蕎麦も天ぷらもなくなっていました。

グルメ

「邑居」(南島原市)絶品の天ぷらと流しそうめん

邑とは、村や田舎、更に丘を示す言葉で、居とは読んで字の如く、住まいや館を示す言葉です。そして「邑居」は、田舎に暮らすこと、丘の上の館という意味を持っているそうです。
お店は狭い道を辿った先にありますが、お店が近くなってくると看板がちらほらと目に留まるので、ナビでも不十分な方は、それを頼りに行くといいかもしれません。

観光

「尾曲がり猫神社」(長崎市)猫好きにはたまらない!

この尾曲がり猫が長崎に多い理由は諸説ありますが、貿易の拠点であった長崎に入ってくるオランダ船ではネズミの駆除のために猫を乗せていたそうで、この猫たちが繁殖したのではないか…とのこと。なんでも、東南アジア原産の猫らしく、当時オランダが経営していた会社の支店がインドネシアにあったとか。ここで猫を乗せて来航していたのかも…

グルメ

「お好み焼専門店マツダ」(長崎市)あつあつふわふわのお好み焼き!

しかし、数年前にこのソフトクリームを作る機械が壊れてしまいました。
「これまでこのお店の、そして長崎の名物としてソフトクリームを復活させたい」
このような想いを抱かれた榊さんが利用されたのが、前述のクラウドファンディングでした。
たくさんの方の共感を呼び、見事目標を達成された榊さん。

グルメ
1

「南山手プリン」(長崎市)煌びやかな天然素材プリンを堪能!

色鮮やかに輝くステンドグラスの幻想的な美しさ…まさにその通りだと思います。昨今は「インスタ映え」という言葉がよく囁かれておりますが、「インスタ映え」を求めるお客様のハートを鷲掴みです!もちろん、若い年代の方のみならず、大浦天主堂の観光に訪れた観光客の方の目にも間違いなく止まります!